頻繁に使用する予定のない人

頻繁に使用する予定のない人

最初に郵便局でまずおろすときは、「預金の引き出し」を選択して、暗証番号を入れて、そして引出し金額を最後に入れておろせます。デビットカードは、便利といえば便利なのですけど、小切手の換金手間がないのですけどコレにも手数料がかかります。

さて、申し込み方法ですが、NETellerにクレジット認証を受けていない方は、まず必要書類を送信後、申し込みします。審査などを含め申請には2週間程度かかります。

NETellerのサイトへその後、アカウントにログインし、申請を左上のNETellerデビットカードのマークをクリックしてしてください。現金が日本でひきだし可能なATMですが、引き出しがCirrus/Maestroマークがある機械で可能デス。

1日現金出金の限度額は1000ドルまでデス。また、取引が30日以上一度もないと7ドル月にかかりますから、使用を頻繁とした予定のない人は申請もしないほうが格好かも知れません。

世界中の提携をしているATMで支払いとか、お金をデビットカード(DebitCard)とは、引き出せたりできるキャッシュカードの事です。余談になりますが、1回のため手数料は4.25ドルの引き出し手数料プラス引き出した金額の2.9%(最低で2ドル)がかかります。

例えば、その国の通貨で海外旅行時におろせたり、現金をNETellerアカウントから引き出す時、一部のATMを使って小切手でなく日本円の現金をおろす事ができます。全国の郵便局設置のATMで日本国内では現金引き出し可能です。

なお、最初だけカード発行手数料として、5ドルがかかり、アカウント残額からひき落とされます。デビットカードというものがNETellerにあります。

なので、デビットカードを作る方が強みがこの手数料と、小切手換金する手数料と手間を比べて、あるとおもった方は、申請を考えてみてください。


ホーム RSS購読 サイトマップ